a0002_002031af9920059240l法廷画といいますと、傍聴人に交じりまして傍聴席で画用紙にペンを走らせている人たちがいます。その方たちは法廷画家と呼ばれている人たちです。裁判が開廷される時に関係者から依頼を受けて副業として行っている方もいらっしゃいます。そんな法廷画家の人たちは複数存在します。その人たちはとても重要な役割を担っています。なぜなら、真実を画用紙に写し出すからです。被告人の繊細な表情を読み取り絵という方法を駆使して描く事ができるのは、才能であると言えます。そんな才能は、写真では写し出す事ができない真実味のあるそこで行われている現実なのです。たった一枚の絵からは、真実を見る事ができます。記録する役割が、それらを描く方々に課せられている任務であると言えます。描かれた絵は、その日のうちにメディアで取り上げられます。人が目で見て実際に体感したことが絵として描かれていますので、どれだけの臨場感があるのかは定かではないイでしょうか。行われている様子を唯一写し出すことができるのが、画用紙に描かれた絵のみなのです。それから、報道記者が伝える言葉にあります。このように描き出す事にどれだけの重要な役割があるのかということが分かるのではないでしょうか。