日本では裁判というものは中継されたり公開されていないのでどういった様子かを知るには法廷で傍聴や裁判に関わった人でしか知る事はできません。
そういった事を伝えるのはマスコミなどの関係者などが傍聴などしたり弁護士などがどういった様子かなどを伝える事によって一般の人達もその様子を知ることができるのできます。
裁判ではテレビカメラの撮影をする事はもちろん、写真も撮ることができないので被告人などの様子を視覚的に伝えることはできないのですが、絵を描く事は許されているので被告人や弁護士、裁判官などの絵を描くことによって視覚的に伝える手段になっています。
この職業の名前は法廷画家という職種ですが、この職業はマスコミなどが雇った人が書いているので、特別な資格は必要ではないので専業の人ではなく、他の絵を描くお仕事との兼業で行っている人がたくさんいます。
具体的にどのような職業の人が兼業でおこなっているかというと、イラストレーターや漫画家といった絵を描く職業の法廷画家をおこなっている人が多いです。
このように法廷画家という人は専門的な資格は必要ないので絵を描くことが好きな人の場合にはいつか法廷画家になることができる可能性があります。

テレビや新聞などで裁判中の被告や裁判官や検察官などを描いた法廷画をよく見かけます。海外では裁判の写真や映像を見られるのに、何故日本では写真や映像ではないのかというと、日本では法廷内でのカメラの使用が厳しく制限されているためです。では、どのような資格があれば法廷画家になれるのでしょうか。実は、そのための専門的な資格というものはありません。所属する組織もなく、各自がテレビ局や新聞社などと契約を結んでいます。また、法廷画を描くことが本業という人もいません。ほとんどがフリーランスのイラストレーターや漫画家で、仕事の依頼を受けて法廷画を描いています。その数は通常年間に30件未満です。仕事の依頼が欲しくても、自分が報道関係の仕事についたり、そのような職種の人たちとコネクションを作らなければ仕事の依頼は来ないでしょう。仕事の様子ですが、裁判所内には画家のためのスペースはありません。そのため、自分で席を取って法廷内でスケッチを行い、共同の待合室や記者クラブで絵の具などで色をつけたり、コンピュータに取り込んでグラフィックソフトで色をつけたりしています。気になる報酬は、一枚1万円~10万円程度で、事件の注目度などによって変動します。

法廷画家は裁判所から求められていることと言いますのは、裁判の様子を写し出すことです。それは、画用紙一枚から裁判の真実が伝わる様な代物です。裁判官の様子ですとか、被告人の様子ですとかそれを傍聴している傍聴人の様子までも鮮明に写し出します。それは、写真では伝える事ができない生の声なのです。人が描く絵ですので画家個人の見解や我欲などがそこには入り込んでしまうものではないでしょうか。ですが、そういったものを交えることなく裁判の細かな表情を素早く読み取る事ができるという事が求められています。限られた時間の中でいかに素早く描き切る事ができるのかも画家の腕の見せ所です。それから、時間内に仕上がらなかった場合は別室にて続きを描きます。それでも、報道番組が放送される時間に間に合うように仕上げなければなりません。被告人の表情は、描く人にしか分からないものがあります。それを伝えるという重要な役割を担っているのも、人である画家なのです。ですから、わざわざ絵というツールを使用して裁判所は個人に依頼するのです。真実は、人の手により描き出される事もあります。その様子は、法廷画を見るだけで分かってしまいます。それが、プロなのです。

裁判が行われる時にその様子を詳細に絵として記録する職業があります。それは法廷画家と呼ばれている方々です。方々と言いますのは、それに携わる方が複数存在するからです。法廷画家の方と言いますのは、主に副業として法廷画家をやられている方々ばかりになります。ですから、本業は別にあるということです。さて、法廷がが出来るまでには、どのような手順があるのでしょうか。まず、打ち合わせというのが行われます。法廷画を描かれる方々は裁判が行われる時に個別で裁判所から連絡がいきます。それにより、都合のつく方が裁判所を訪れます。その段階で都合がつかない場合はお断りする場合もあります。裁判所に行きますとまず、個別のIDカードが配られます。それを首から下げて事務室へと集まります。そこで、裁判の流れが法廷画家たちに知らされます。そして、いざ裁判となりますと傍聴席の最前列へと我先にを急ぎます。やはり、描きやすい席といいますのは競争です。そこで、裁判の様子を傍聴人とともに傍聴しながら筆を走らせていきます。描き方は、法廷画家たちの個性が現れますがその中からメディアに選ばれた作品が番組や雑誌に使用されることになります。それにより、裁判所とは別に使用料が支払われます。

裁判を傍聴する権利は日本国憲法で保障されてるものであることから、基本的に誰でも行うことができます。しかし法廷内での録音や録画は禁止されているので、そこで傍聴をした人しかその内容を知ることができないのです。ニュース等で裁判の冒頭が放送されることがありますが、これは開廷前の様子を録画したものとなっています。
そこで活躍をするのが法廷画家です。法廷画家が傍聴席もしくは司法記者クラブのあらかじめ用意された席でその様子をイラストに起こし、内部の様子を外に伝えているのです。
この日本の中には入廷前に手荷物検査を行っている裁判所もありますが、多くの場合に検査は行われていません。
法廷画家が法廷内に持ち込みをする持ち物は鉛筆や消しゴム、スケッチブックや鉛筆削り等ですが、カッターを持ち込むことも可能です。
また携帯電話の持ち込みも許可されていますが、もしも開廷中に携帯電話の呼び出し音が鳴った場合には退廷を求められる場合もあります。法廷内では裁判長の指示に従うことが求められるので、このようなことがあった場合にはその指示に素直に従うことが必要です。
また開廷中は私語や大声を出すことも禁止されているので、法廷画家も無言で法廷画に取り組みます。

裁判のニュースや報道を見ている時によく目にするものが法廷画ですが、なぜこのようなものが必要となるのかと言えば裁判長の許可を得ずに法廷内の様子を撮影したり裁判の様子を録音したりすることはできないからです。したがって、法廷内の様子を知るために法廷画が必要となります。
この法廷画を描いているのは一般のイラストレーターです。つまり法廷画を描くにあたって、特別な資格や免許などを取得する必要はないということになります。
しかし人気事件の場合などはその法廷に入りたいと希望をする人が多いので、すべての人が入廷をすることは当然不可能となります。そういった時には傍聴の抽選を行いそれに当たった人のみが入廷をすることが許されることになります。とは言え必ずしもこの法廷画家が抽選に当たることができるとは限らないので、その関係者も一緒に並んで抽選に当たる可能性をアップさせるのです。場合によってはアルバイトを雇って彼らにも並んでもらい、その権利を得るというケースもあります。そしてこのような方法をとってもその席を確保することができなかったという場合には、司法記者クラブに割り当てられている席で法廷画家がイラストを描くこととなるのです。

法廷画家という方たちがいます。その方たちは、本業の他に裁判所関係者から依頼を受けて裁判の様子を絵というツールで表現します。法廷画家は必ずしも一人だけではありません。複数の法廷画家たちが同じ裁判を傍聴しながら黙々とその様子を描きます。どの様な事件なのかにもよりますが、世間的に注目されている場合はそれだけ絵に対しての価値が上がると言われています。なぜなら、法廷画はその日の内にメディアを通して世間に流れるからです。メディア関係者により法廷画は買われていく、そのような事が行われています。それもこれも、絵の出来栄え次第であると言えます。被告と原告の素顔は、写真で撮影される事はありませんので、唯一真実を伝える事ができるツールが法廷画であると言えます。ですから、法廷画家が伝える裁判の様子はとても重要な役割であるのです。被告と原告のその場の様子は、微細な表情から読み取る事が出来ます。ですが、誰しもが描ける場面とは限りませんので選ばれた法廷画家たちが競い合うように描いているのです。真実は、絵の中に写し出されています。ですから、歴史に残る資料としても法廷画の役割は重要であると言えます。そのままの姿を写し出すのが法廷画なのです。

裁判所で裁判が行われている時に、その中の様子をイラストにして法廷内の様子を伝えているのが法廷画家です。テレビや新聞、インターネット等のメディアでもこの法廷画家のイラストが頻繁に使われています。なぜ法廷画家が必要なのかと言えば、現在日本の法廷では内部のカメラやビデオでの撮影が禁止されているからにほかなりません。カメラマンの代わりに法廷画家が法廷に入って、イラストを描くのです。
被告人が入る前までしか撮影が許可されていないので、その後は法廷画家がイラストによってその様子を大勢の人に知らせるという仕事を担うこととなります。
法廷画家はそれぞれの裁判所に在籍をしているわけではなく、イラストレーターがその絵を描いています。したがって、法廷画家になるための資格や免許等は必要ないのです。
法廷画家も他の傍聴者と同様に傍聴席を確保するために並んで、傍聴券の抽選に参加します。しかしその傍聴希望者が多い時には必ずしも抽選に当たるとは限らないので、大人数で並んでその傍聴券が当たった人から貰い受けて法廷内に入るのです。
法廷の中に持ち込むものはスケッチブックと鉛筆、消しゴム等のイラストを描くにあたって必要なもののみとなっています。

テレビにおけるニュースにおいて裁判の進行状況等を扱う場合、実際に行われた法廷の様子を映像として流す場合については写真や動画といった映像は使われる事無く、法廷画と呼ばれるスケッチが用いられています。
臨場感のある独特の画法によって描かれているとは言え、実際の映像が使われないという事については何らかの法的な規制があるのではと考えるのが自然と言えます。ところが実際には、法廷内の映像撮影をしてはいけないという法的根拠はありません。その証拠として、昭和20年頃までの法廷内映像は資料として幾つか現存しています。
映像使用が基本的に行われなくなったのは昭和23年以降の事で、カメラ機材による法廷内での事故が切っ掛けとなっています。その後撮影が国による許可制となり、これが現在においても続いているのです。
この規制によって撮影機材の台数が実質的な制限を受けていると共に、撮影は裁判開始前の数分間のみで行われる事が慣例となっている為、法廷中の映像は撮影される事が無いのです。また最近は裁判において取り扱われる内容が多岐に渡り、内容自体が人権等への配慮から撮影に相応しくないと考えられるようなケースも増加しており、この事も写真・映像使用の回避に対して拍車を掛けていると言えます。