法廷画家という方たちがいます。その方たちは、本業の他に裁判所関係者から依頼を受けて裁判の様子を絵というツールで表現します。法廷画家は必ずしも一人だけではありません。複数の法廷画家たちが同じ裁判を傍聴しながら黙々とその様子を描きます。どの様な事件なのかにもよりますが、世間的に注目されている場合はそれだけ絵に対しての価値が上がると言われています。なぜなら、法廷画はその日の内にメディアを通して世間に流れるからです。メディア関係者により法廷画は買われていく、そのような事が行われています。それもこれも、絵の出来栄え次第であると言えます。被告と原告の素顔は、写真で撮影される事はありませんので、唯一真実を伝える事ができるツールが法廷画であると言えます。ですから、法廷画家が伝える裁判の様子はとても重要な役割であるのです。被告と原告のその場の様子は、微細な表情から読み取る事が出来ます。ですが、誰しもが描ける場面とは限りませんので選ばれた法廷画家たちが競い合うように描いているのです。真実は、絵の中に写し出されています。ですから、歴史に残る資料としても法廷画の役割は重要であると言えます。そのままの姿を写し出すのが法廷画なのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。