裁判所で裁判が行われている時に、その中の様子をイラストにして法廷内の様子を伝えているのが法廷画家です。テレビや新聞、インターネット等のメディアでもこの法廷画家のイラストが頻繁に使われています。なぜ法廷画家が必要なのかと言えば、現在日本の法廷では内部のカメラやビデオでの撮影が禁止されているからにほかなりません。カメラマンの代わりに法廷画家が法廷に入って、イラストを描くのです。
被告人が入る前までしか撮影が許可されていないので、その後は法廷画家がイラストによってその様子を大勢の人に知らせるという仕事を担うこととなります。
法廷画家はそれぞれの裁判所に在籍をしているわけではなく、イラストレーターがその絵を描いています。したがって、法廷画家になるための資格や免許等は必要ないのです。
法廷画家も他の傍聴者と同様に傍聴席を確保するために並んで、傍聴券の抽選に参加します。しかしその傍聴希望者が多い時には必ずしも抽選に当たるとは限らないので、大人数で並んでその傍聴券が当たった人から貰い受けて法廷内に入るのです。
法廷の中に持ち込むものはスケッチブックと鉛筆、消しゴム等のイラストを描くにあたって必要なもののみとなっています。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。