裁判が行われる時にその様子を詳細に絵として記録する職業があります。それは法廷画家と呼ばれている方々です。方々と言いますのは、それに携わる方が複数存在するからです。法廷画家の方と言いますのは、主に副業として法廷画家をやられている方々ばかりになります。ですから、本業は別にあるということです。さて、法廷がが出来るまでには、どのような手順があるのでしょうか。まず、打ち合わせというのが行われます。法廷画を描かれる方々は裁判が行われる時に個別で裁判所から連絡がいきます。それにより、都合のつく方が裁判所を訪れます。その段階で都合がつかない場合はお断りする場合もあります。裁判所に行きますとまず、個別のIDカードが配られます。それを首から下げて事務室へと集まります。そこで、裁判の流れが法廷画家たちに知らされます。そして、いざ裁判となりますと傍聴席の最前列へと我先にを急ぎます。やはり、描きやすい席といいますのは競争です。そこで、裁判の様子を傍聴人とともに傍聴しながら筆を走らせていきます。描き方は、法廷画家たちの個性が現れますがその中からメディアに選ばれた作品が番組や雑誌に使用されることになります。それにより、裁判所とは別に使用料が支払われます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。