裁判のニュースや報道を見ている時によく目にするものが法廷画ですが、なぜこのようなものが必要となるのかと言えば裁判長の許可を得ずに法廷内の様子を撮影したり裁判の様子を録音したりすることはできないからです。したがって、法廷内の様子を知るために法廷画が必要となります。
この法廷画を描いているのは一般のイラストレーターです。つまり法廷画を描くにあたって、特別な資格や免許などを取得する必要はないということになります。
しかし人気事件の場合などはその法廷に入りたいと希望をする人が多いので、すべての人が入廷をすることは当然不可能となります。そういった時には傍聴の抽選を行いそれに当たった人のみが入廷をすることが許されることになります。とは言え必ずしもこの法廷画家が抽選に当たることができるとは限らないので、その関係者も一緒に並んで抽選に当たる可能性をアップさせるのです。場合によってはアルバイトを雇って彼らにも並んでもらい、その権利を得るというケースもあります。そしてこのような方法をとってもその席を確保することができなかったという場合には、司法記者クラブに割り当てられている席で法廷画家がイラストを描くこととなるのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。