裁判を傍聴する権利は日本国憲法で保障されてるものであることから、基本的に誰でも行うことができます。しかし法廷内での録音や録画は禁止されているので、そこで傍聴をした人しかその内容を知ることができないのです。ニュース等で裁判の冒頭が放送されることがありますが、これは開廷前の様子を録画したものとなっています。
そこで活躍をするのが法廷画家です。法廷画家が傍聴席もしくは司法記者クラブのあらかじめ用意された席でその様子をイラストに起こし、内部の様子を外に伝えているのです。
この日本の中には入廷前に手荷物検査を行っている裁判所もありますが、多くの場合に検査は行われていません。
法廷画家が法廷内に持ち込みをする持ち物は鉛筆や消しゴム、スケッチブックや鉛筆削り等ですが、カッターを持ち込むことも可能です。
また携帯電話の持ち込みも許可されていますが、もしも開廷中に携帯電話の呼び出し音が鳴った場合には退廷を求められる場合もあります。法廷内では裁判長の指示に従うことが求められるので、このようなことがあった場合にはその指示に素直に従うことが必要です。
また開廷中は私語や大声を出すことも禁止されているので、法廷画家も無言で法廷画に取り組みます。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。