日本では裁判というものは中継されたり公開されていないのでどういった様子かを知るには法廷で傍聴や裁判に関わった人でしか知る事はできません。
そういった事を伝えるのはマスコミなどの関係者などが傍聴などしたり弁護士などがどういった様子かなどを伝える事によって一般の人達もその様子を知ることができるのできます。
裁判ではテレビカメラの撮影をする事はもちろん、写真も撮ることができないので被告人などの様子を視覚的に伝えることはできないのですが、絵を描く事は許されているので被告人や弁護士、裁判官などの絵を描くことによって視覚的に伝える手段になっています。
この職業の名前は法廷画家という職種ですが、この職業はマスコミなどが雇った人が書いているので、特別な資格は必要ではないので専業の人ではなく、他の絵を描くお仕事との兼業で行っている人がたくさんいます。
具体的にどのような職業の人が兼業でおこなっているかというと、イラストレーターや漫画家といった絵を描く職業の法廷画家をおこなっている人が多いです。
このように法廷画家という人は専門的な資格は必要ないので絵を描くことが好きな人の場合にはいつか法廷画家になることができる可能性があります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。